TOP > 自殺予告者、警察に救われる
Google
 ← サトエリ、なんか、けなげな感じ。 | TOP | 谷原章介様、入籍。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有名人の多いランキングサイト

ブログトップへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


自殺予告者、警察に救われる 

2007年03月15日 ()
ネットで自殺予告、79人に警察対応・43人を救助

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000207-yom-soci

インターネットで自殺を予告した人が、警察官によって救われて
いたことが判明しました。

自殺志願者は、年々増えていますが、こうやって救われる人も
いるんですね。

警察の不祥事が相次いでいましたけど、これぞ、警察の力。

日本の警察は、優秀だったのに・・・どんどんこうやって
人助けして欲しいです。

【以下、Yahoo!ニュースから抜粋】
インターネットを通じた自殺予告に関し、プロバイダー
(インターネット接続業者)などから提供された予告者の
個人情報に基づいて、昨年1年間に全国の警察が対応したケースは
75件79人に上り、このうち43人は警察官による救助や説得などで
最悪の事態を免れていたことが15日、警察庁のまとめでわかった。  

2005年秋から始まった情報提供制度の成果とも言えるが、
プロバイダーなどの中には夜間や休日に警察の照会を受け付けない
業者もあり、同庁は改善を要望している。  ネット上の自殺予告に
ついてプロバイダーなどは従来、「通信の秘密」に基づき、
警察が令状を取った場合に限って個人情報を提供してきたが、
電気通信事業者協会などネット関係4団体と総務省、
警察庁が2005年8月、新たに運用指針を策定。自殺の動機や
方法を明確に示す表現があるなど一定の条件を満たせば、
警察の要請に応じ、氏名や住所、メールアドレスを提供する
仕組みを設けた。指針は同年10月から運用されている。
スポンサーサイト
有名人の多いランキングサイト

ブログトップへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.15(Thu) 14:38] Yahoo!トピック:国内ニュース | Trackback(-) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← サトエリ、なんか、けなげな感じ。 | TOP | 谷原章介様、入籍。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← サトエリ、なんか、けなげな感じ。 | TOP | 谷原章介様、入籍。

フリーエリア

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。